一覧形式での表示

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 > ダイアグラム >

一覧形式での表示

ダイアグラムの内容は、通常の形式のほかに、一覧形式で表示することもできます。

 

一覧形式での表示は、以下のような場合にも有用です。

 

 

利用手順:

リボン

モデル > ダイアグラム > 表示形式 > 一覧表示

コンテキストメニュー

  • ダイアグラムの背景で右クリック | 表示形式の切り替え | 一覧
  • モデルブラウザのダイアグラムを右クリック | 表示形式の切り替え | 一覧

キーボード

Ctrl + Alt + R (ダイアグラムを一覧として開く)

 

 

詳細:

項目

説明

一覧形式の表示

ダイアグラムの一覧形式での表示は、パッケージブラウザと基本的には同じです。ただし、表示される対象はダイアグラムに配置されている要素であり、その要素の位置(パッケージ)には依存しません。

書式

一覧形式で表示される内容は、必要に応じて表示される列や順序などを変更することもできます。

表示内容の変更

 

  • それぞれの列のヘッダ部分をクリックすることで、表示されている内容を昇順あるいは降順でソートすることができます。一覧を表示した直後は、名前のアルファベット順(文字コード順)で並んでいます。
  • ダイアグラムフィルタの機能を利用できます。ただし、フェード・グレー表示は、対象の要素が非表示になります。「選択」は利用できません。
  • 項目を指定して表示内容をグループ化して表示することができます。

要素のプロパティの表示

要素をダブルクリックすると、プロパティダイアログが表示されます。

要素の選択

  • クリックして要素を選択できます。
  • 値を変更するには、対象のセルを2回クリックして下さい。(ダブルクリックではありません) 変更できない項目の場合には、プロパティダイアログが表示されます。
  • [Ctrl]キーを押しながら要素を選択すると、複数の要素を選択できます。
  • [Shift]キーを押しながら要素を選択すると、指定した範囲の要素をまとめて選択できます。

要素の追加

ツールバーやコンテキストメニューを利用して、要素を新規に追加することができます。追加した要素は、現在のダイアグラムに配置されます。

パッケージブラウザの操作のページもご覧ください。)

要素の削除

[Ctrl+D]

要素を選択して、ダイアグラム内から削除することができます。

ノートの内容の表示

 

一覧内に要素のノートの内容を表示することもできます。

ノートの内容は、それぞれの行の下に表示されます。ノートの内容を編集するには、対象の要素を選択した状態で [Ctrl+スペース]キー を押してください。カーソルがノートサブウィンドウに移動し、内容を編集できます。

パッケージブラウザの操作のページもご覧ください。)

その他のプロパティを確認する

この一覧形式で表示されないプロパティにつきましては、プロパティサブウィンドウを利用して参照してください。

その他の機能

その他、パッケージブラウザと同じように、ツールバーやコンテキストメニューを利用して要素を操作することができます。なお、ツールバーの以下の項目は利用できません。

 

  • - 子パッケージの内容も表示するかどうかの選択
  • - 階層構造形式で表示するかどうかの選択
  • - 上位のパッケージへの移動

 

なお、ダイアグラムの一覧形式の場合には、コンテキストメニューに以下の項目が追加されます。

 

項目

説明

表示形式の切り替え -

通常の形式で表示

表示形式を、通常の形式に戻します。

表示形式の切り替え -

ガントチャート形式で表示

ガントチャートの形式で内容を表示します。要素に関連づけられたリソース・役割を表現します。

表示形式の切り替え -

仕様ビュー

表示形式を仕様ビューの形式に変更します。

ダイアグラムのプロパティ

ダイアグラムのプロパティダイアログを表示します