詳細

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 > 要素 > 要素のプロパティ > プロパティダイアログ >

詳細

プロパティダイアログの「全般」グループにある「詳細」タブでは、現在選択しているクラスについて、構造や処理上の詳細を定義します。

 

 

利用手順:  

ダイアグラムやモデルブラウザで対象の要素を選択:

リボン

モデル > 要素 > サブウィンドウ > プロパティダイアログ > 全般 > 詳細

キーボード

Alt+Enter > 詳細

その他

要素をダブルクリック : 全般 > 詳細

 

 

詳細:

項目

説明

永続性

ドロップダウンリストから、要素の永続性の値を指定します。

多重度

要素の多重度を指定します。要素の種類によっては、入力した内容がダイアグラム内でも表示されます。

可視性

要素の可視性を指定します。

抽象

要素が抽象要素かどうかを指定します。

Is Root

要素がルート要素かどうかを指定します。

Is Leaf

要素が末端要素かどうかを指定します。

Is Specification

要素が明確化されているかどうかを指定します。

Is Active

アクティブオブジェクトかどうかを指定します。

並行性

同時実行可能な場合にどのように処理されるかを定義する場合は、適切なラジオボタンを選択してください。

コレクションクラス

このクラスに適応するコレクションクラス(関連の関係からソースコード生成をするため)を定義する場合は、このボタンを押してください。関連からソースコード生成をするために)コレクションクラスの設定ダイアログが表示されます。

属性

クラスに属性を定義する場合は、このボタンをクリックしてください。属性・操作と付属要素サブウィンドウが開き、属性タブが表示されます。

操作

クラスに操作を定義する場合は、このボタンをクリックしてください。属性・操作と付属要素サブウィンドウが開き、操作タブが表示されます。

分類子の振る舞い

要素が分類子の場合、その振る舞いを示す要素を結びつけることができます。

結びつける場合には、対象となる振る舞い要素を、対象の要素の子要素として保持しなければなりません。

 

 

注意:

要素の種類によっては、「属性」「操作」などの一部の項目は表示されません。