CustomProperty

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  API・アドイン・スクリプト > API > リファレンス > 要素の属性・操作 >

CustomProperty

CustomPropertyは現在の要素に関連する追加属性(追加プロパティ)を保持しています。これらの追加属性はUMLで定義されている拡張表現を実現するために利用され、追加したり削除したりすることはできません。それぞれの値のみを変更することができます。

 

属性

属性

R/W

説明

Name

string

R

追加プロパティの名前です。

ObjectType

ObjectType

R

このオブジェクトの種類を区別するために利用できる値です。

Value

string

RW

追加プロパティの値です。

プロパティの名前に応じて、いかのいずれかが含まれます。

  • 文字列
  • 真偽値(-1(=true) 0(=false))
  • 定義済みの列挙値

 

ここで利用できる値はUML2.5の仕様で定義されています。

 

注意:

プロパティの種類や数は要素の種類によって変わります。