独自のステレオタイプの定義

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  UMLのモデリング > UMLのステレオタイプ >

独自のステレオタイプの定義

UMLでは、ステレオタイプという仕組みを利用して、論理的に要素を拡張したり意味を変更したり、見た目(書式)を変更したりすることができます。それぞれの要素には個別にステレオタイプを設定することができます。

 

 

Enterprise Architectを利用するとステレオタイプに独自の外見を割り当てることができます。この外見とは、メタファイルを利用して画像を貼り付けたり、色を変更したり、あるいは描画スクリプトを利用して全く新しい外見で表示させることもできます。

 

 

利用手順:

リボン

プロジェクト > リファレンス情報 > UMLに関連する定義 > ステレオタイプ

 

 

 

独自のステレオタイプを追加する手順は次の通りです。

#

操作方法

1

上記の手順でUMLに関連する定義ダイアログを開きます。既定の状態でステレオタイプタブが選択されています。

2

ステレオタイプの名前を入力するか、既存の項目を選択します。

3

対象要素を選択します。

4

ステレオタイプにメタファイルを関連付ける場合には、割当ボタンを押して、.emfファイルあるいは.wmfファイルを指定します。

5

必要に応じて「ノート」欄に入力します。メタファイルを指定しない場合には、「既定の色」を指定します。

6

保存ボタンを押して情報を保存します。

 

 

以下の内容は、ステレオタイプタブの内容です。

項目

説明

ステレオタイプ

ステレオタイプの名前です。

グループ名

ステレオタイプがつけられている属性・操作について、ダイアグラム内において複数のステレオタイプをまとめて表示するために利用します。属性と操作について、ダイアグラム内でステレオタイプごとに分類して表示する表示モードのときに有効になります。

対象要素

指定した種類の要素に対して、ステレオタイプを適用することができます。

ノート

ステレオタイプに関連するノートです。

(ステレオタイプを適用する要素のノートではありません。)

新規

新しくステレオタイプの定義を追加する場合に押します。

保存

変更した内容を保存します。

削除

定義済みのステレオタイプ定義を削除します。

外見の設定

なし

要素の外見を変更しません。

メタファイル

メタファイル形式の画像ファイルを指定し、その内容でダイアグラム内に表示します。

描画スクリプト

対象のステレオタイプが定義された要素を、独自に定義した描画方法で表現することができます。この描画方法は描画スクリプトで定義します。

割当

メタファイルや描画スクリプトを指定します。

以下のいずれかの手順になります。

  • .emf や.wmf のメタファイルを指定する
  • 描画スクリプトエディタが起動し、表示内容を定義する

編集

既に描画スクリプトが割り当てられている場合には、このボタンを押すことで、描画スクリプトのエディタが開きます。

削除

関連するメタファイルや描画スクリプトを削除します。

既定の色

内部

外見の設定が「なし」の場合の要素の内部の色を指定します。

指定した色は、該当のステレオタイプを持つ全ての要素に対して適用されます。この色の設定を変更した場合には、既存のステレオタイプ要素全てに変更が反映されます。

ただし、要素ごとに個別に色指定をしている場合、ステレオタイプの色指定を変更しても、その要素に反映されません。個別の色設定が優先されます。

境界

外見の設定が「なし」の場合の要素の境界線の色を指定します。

文字

外見の設定が「なし」の場合の要素のフォントの色を指定します。

初期化

設定した外見の設定を既定の値に初期化します。

 

注意:

  • 独自に定義したステレオタイプの内容は、リファレンス情報の出力読み込みの機能で他のプロジェクトで利用することができます。
  • 他のプロジェクトなど、広い範囲で利用する場合には、UMLプロファイルとしてステレオタイプを定義し、そのステレオタイプに外見などの情報を指定します。そのUMLプロファイルをMDGテクノロジーに含めて配布することで、より便利に配布・適用・管理することができます。

 

 

参照: