複合フラグメントの作成

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  UMLのモデリング > UMLの要素 > 振る舞い図に関連する要素 > 複合フラグメント >

複合フラグメントの作成

複合フラグメントを作成・設定するには次の手順で行います。

 

#

操作方法

1

ツールボックスから複合フラグメントをダイアグラムに配置します。作成された複合フラグメントをダブルクリックし、複合フラグメントダイアログを表示します。

2

「種類」 と 「名前」 を指定します。(loopの繰り返し回数などは、名前欄に記載してください。)

複合フラグメント内に区画を追加したい場合には、「条件」の欄に必要に応じてガード条件を記入し(空欄でも可能)、保存ボタンを押してください。

 

2つ以上の区画がある場合に、点線による区切り線が表示されます。区切り線はドラッグして移動させることができます。

複合フラグメントのオペレータのページもご覧ください。

3

四角形のフレームが表示されます。複数の区画がある場合には複合フラグメント内に点線が表示されます。

4

フレームの位置や大きさを調整します。また、点線の位置も調整します。

 

ヒント:

ここで作成することのできない「ref」のフレームについては、対象のダイアグラムをモデルブラウザから現在のダイアグラム内にドロップすることで作成できます。このときに、対象のダイアグラムの種類と、ドロップする先のダイアグラムの種類により、結果が変わります。

注意:

  • 複合フラグメントの中にメッセージなどを配置すると、複合フラグメントを移動した際に、そのメッセージも合わせて移動されるようになります。
  • 複合フラグメントの大きさを変更すると、その変更後の複合フラグメントに含まれるメッセージは、自動的に複合フラグメントの移動に合わせて移動するようになります。
  • 複合フラグメント内のメッセージを下方向に移動させると、移動した位置に応じて自動的に複合フラグメントの大きさが調整されます。