要素のフィルタ

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 > ダイアグラム > ダイアグラムビュー >

要素のフィルタ

ダイアグラムの内容を表示している場合に、指定した条件に該当する要素のみを目ただせることができます。

 

また、「関係要素」のフィルタは、ダイアグラム内で選択した要素と関係のある要素のみを表示します。選択した要素と直接の関係がない要素は、薄く表示されます。

 

 

利用手順:  

リボン

ダイアグラム > フィルタ

 

注意:

  • この状態でTabキーを押すと、関係する要素間でカーソルキーを移動することができます。
  • 上下左右のカーソルキーを利用すると、対象となる要素を変えることができます。
  • このフィルタの機能を有効にすると、ダイアグラムフィルタサブウィンドウでの設定内容は無効になり、フィルタが有効になります。フィルタを無効にすると、ダイアグラムフィルタサブウィンドウの内容が再度有効になります。
  • ダイアグラムフィルタサブウィンドウ内の、効果を選択するドロップダウンリストで「非表示」「該当する要素を選択」が選ばれている場合、このフィルタ機能は効果を発揮しません(動作しません)。
  • ダイアグラム内で要素を選択した状態でLキーを押すと、対象の要素についての入力と出力の接続について、別々の色で表示されます。このフィルタの機能と合わせて利用すると便利です。

 

 

参照: