ConnectorEnd

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  API・アドイン・スクリプト > API > リファレンス > 接続 >

ConnectorEnd

ConnectorEndは接続の片側の端に関連する情報です。ソースあるいはターゲットのいずれかになります。ConnectorEndClientEndあるいはSupplierEndのいずれかのコレクションを通して利用します。

 

プロジェクト内の関係するテーブル: t_connector

 

属性

属性

R/W

説明

Aggregation

int

RW

この接続の端の集約についての情報です。有効な値は次の通りです。

0 = なし

1 = 共有

2 = コンポジット

Alias

string

RW

この接続の端の別名です。(ビルド813以降で利用可能)

AllowDuplicates

bool

RW

1より大きい場合は、重複の許可が有効であることを示しています。

Cardinality

string

RW

この接続の端の多重度です。

Constraint

string

RW

この接続の端の制約です。

Containment

string

RW

この接続の端の保持方法です。

有効な値は次の3つです。

  • Reference(参照)
  • Value(値)
  • Unspecified(未指定)

Derived

bool

RW

この接続の端の派生が有効かどうかを示します。

DerivedUnion

bool

RW

この接続の端のUnionが有効かどうかを示します。

End

string

R

この接続の端がターゲット(Client)であるかソース(Supplier)であるかを示しています。

IsChangeable

string

RW

この接続の端の変更可能性を示しています。

値: frozen, addOnly, none

IsNavigable

bool

RW

現在は利用できません。Navigableを利用してください。

Navigable

string

RW

関連の役割が反対側の分類子から遷移可能かどうかを示しています。

有効な値は次の3つです。

  • Navigable(遷移可能)
  • Non-Navigable(遷移不可)
  • Unspecified(未指定)

ObjectType

ObjectType

R

参照しているオブジェクトのタイプです。

Ordering

int

RW

この接続の端に順序指定(Orderd)があるかどうかを指定します。

OwnedByClassifier

bool

RW

この関連端は、反対側の関連端の属性と一致していることを示します。

Qualifier

string

RW

この接続の端に適用される限定子です。

Role

string

RW

接続の端の役割です。

RoleNote

string

RW

接続の端のノートです。

RoleType

string

RW

接続の端の役割の種類です。

Stereotype

string

RW

この接続の端に適用されるステレオタイプです。

(ステレオタイプを削除する(空文字を設定する)場合は StereotypeEx をご利用ください。)

StereotypeEx

string

RW

この接続の端に適用されるすべてのステレオタイプをカンマ区切りで返します。

ビルド813から利用可能です。

TaggedValues

Collection

(RoleTag)

R

タグ付き値のコレクションです。

Visibility

string

RW

接続の端の可視性です。次の中から指定します。

  • Public
  • Private
  • Protected
  • Package

 

操作

操作

戻り値の型

説明

GetLastError()

string

最後に発生したエラーの詳細情報です。

IsConnectorValid()

bool

現在の接続について、文法に合致しているかを判定します。

 

Falseが返された場合にはGetLastErrorメソッドで詳細な情報を取得することができます。

Update()

bool

既存の要素を変更した場合や新しい要素を追加した場合に更新するメソッドです。

Falseが返された場合にはGetLastErrorメソッドで詳細な情報を取得することができます。