接続のプロパティ

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 > 要素 > 接続 >

接続のプロパティ

接続のプロパティダイアログを利用するためには、ダイアグラム内の接続をダブルクリックしてください。このプロパティダイアログで接続のさまざまなプロパティを変更することができます。
(ノートリンクにはプロパティはありませんので、プロパティダイアログは表示できません。)

 

このプロパティダイアログで設定した内容の多くは、ラベル(ダイアグラム内で位置を変更可能な文字列)としてダイアグラム内に表示されます。ラベルを右クリックするとラベルのコンテキストメニューが表示され、さまざまな設定を行うことができます。

 

接続のプロパティダイアログはいくつかのグループで構成されています。対象の接続の種類によって、グループの数は変わります。以下の内容は、共通の「全般」グループの内容です。

 

接続のプロパティダイアログからは次の内容が設定できます。

 

 

 

利用手順:  

リボン

  • ホーム > 画面と設定 > 設計 > プロパティ > ダイアグラム内の接続をクリック > 接続タブ (プロパティサブウィンドウ)
  • モデル > 要素 > サブウィンドウ > プロパティ > ダイアグラム内の接続をクリック > 接続タブ (プロパティサブウィンドウ)
  • ホーム > 画面と設定 > 設計 > 接続 (接続ブラウザサブウィンドウ)

コンテキストメニュー

ダイアグラム内の接続を右クリックし、プロパティを選択

キーボード

Ctrl+2 > 接続   (接続のプロパティサブウィンドウ)

その他

ダイアグラム内の接続をダブルクリック

 

汎化・実現・関連・テンプレート束縛の接続には「束縛」のグループが表示されます。このグループからは、UMLの仕様で定義されている束縛(Binding)の設定が可能です。

 

 

全般のグループでは、接続の基本的な情報や向き・スタイルなどの情報を確認・編集することができます。

 

詳細:

項目

説明

名前

必要に応じて設定可能な、接続の名前です。この名前を入力すると、ダイアグラムで表示されます。

ノート

(プロパティダイアログのみ)必要に応じて、接続について記入できるノートです。文書作成時に、この内容を文書に含めることができます。リッチテキスト形式で入力可能です。

プロパティダイアログの場合、以下の内容は右側に表示される一覧に含まれます。

種類

(プロパティサブウィンドウのみ) 接続の種類が表示されます。種類を変更することはできません。

ステレオタイプ

必要に応じて、接続のステレオタイプを設定します。

直接名前を入力するか、定義済みのステレオタイプをドロップダウンリストから選択します。

設定した場合には、ダイアグラム内やドキュメントに表示されます。

複数のステレオタイプを設定することも可能です。複数設定した場合には、異なる行として表示されます。

ソース

接続のソース側の要素名です。

ターゲット

接続のターゲット側の要素名です。

別名

必要に応じて接続の別名を入力してください。

方向

方向についての詳細を設定します。ソースからターゲットへ、あるいはその反対か、双方向かを設定します。

この設定により矢印の形が変わります。継承などいくつかの接続については、この方向により、論理的な意味が変わってきます。

スタイル

接続のスタイルです。直線, 自動ルート, ベジエ, カスタム, ツリー(垂直), ツリー(水平), 横ツリー(垂直), 横ツリー(水平), 直交, 直交(角丸)が選択できます。

接続の種類によっては選択できない項目もあります。

仮想継承

汎化の接続の場合にのみ表示され、設定可能です。仮想継承(Virtual Inheritance)であることを示します。

可視性

言語がC++で、汎化の関係の場合のみ設定できます。継承関係の可視性を指定します。

 

注意:

  • プロパティウィンドウでの表示形式は、項目をツリー形式で表示する形式とタブ形式で表示する形式を選択できます。「ホーム」リボンの「画面と設定」パネル内にある「オプション」から「表示に関する設定」を実行し、「プロパティダイアログでタブ切り替えを利用しない」の設定で変更できます。
  • 汎化・実現・関連およびテンプレート束縛の接続には、プロパティダイアログやプロパティサブウィンドウに「束縛」グループが表示されます。このグループからは、束縛表現やパラメータの指定を行うことが可能です。

 

 

参照: