Proクラウドサーバの利用

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  プロジェクトファイルとリポジトリの管理 >

Proクラウドサーバの利用

 

Enterprise Architectを複数人で利用する場合に、Proクラウドサーバを利用してプロジェクトを異なる拠点・場所から共有することができます。Proクラウドサーバは、名前の通りクラウド環境上に構築するサーバであり、Enterprise ArchitectからProクラウドサーバに接続してプロジェクトを共有することができます。

 

社内など、閉じられたネットワーク環境にProクラウドサーバを構築することも可能です。重要な内容を含むプロジェクトの場合など、利用に対してさまざまな制約を定義することもできます。Proクラウドサーバの「クラウド」という言葉は、いわゆる外部のクラウド環境に配置するという意味ではなく、複数名でプロジェクトを共有する場合に、URLの指定のみで簡単に利用可能になる環境であることを示しています。

 

注意:

  • Proクラウドサーバは全てのエディションとの組み合わせで利用できますが、プロフェッショナル版の場合には、接続可能なProクラウドサーバに制限があります。
    (プロフェッショナル版の場合には、Proクラウドサーバを通して利用するプロジェクトは、FEAP形式のプロジェクトファイルである必要があります。)
  • Proクラウドサーバは無料で利用できますが、その場合には利用できる機能に制限があります。有償のライセンスを購入することで、スマートフォンやパソコンのWebブラウザからモデルを参照することのできるWebEAなど、いくつかの追加機能が利用できます。

 

 

参照: