Linux/MacOS環境でSubversionの利用

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  概要 > はじめて利用する方へ > インストール > LinuxやMacOSにEnterprise Architectのインストール >

Linux/MacOS環境でSubversionの利用

Wine環境で利用するEnterprise Architectで、Subversionを利用しバージョン管理機能を利用する場合の手順は、Windows環境で利用する場合と基本的には同じです。ただし、Wine環境で利用する場合には、SubversionクライアントはWindows版を利用し、Wine上で動作させる必要があります。

 

異なる点は、Subversionの作業コピーを準備する際の手順となります。具体的には、Subversionリポジトリから作業コピーを作成する手順が異なります。

 

詳細は、Linux/MacOS環境でのSubversionの利用について のページをご覧ください。