表示する区画の設定

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  SysMLのモデリング > SysML アドインメニュー >

表示する区画の設定

SysMLのブロック定義図・内部ブロック図について、表示される区画の設定を簡単に変更することがでいます。ダイアグラムのプロパティサブウィンドウを利用する方法と比較して、以下のような利点があります。

 

 

 

「アドイン・拡張」リボン内の「アドインメニュー」パネルに表示される項目から、 「SysML | 表示する区画の設定」 を実行すると呼び出すことができます。

 

 

#

操作方法

1

まず、「対象」のドロップダウンリストから、設定対象を決めてください。選択可能な値は次の2つになります。

  • 新規に作成するダイアグラムの既定値に適用:この設定を実行以降、新規に作成するブロック定義図あるいは内部ブロック図に対して、自動的に区画の表示設定を行うことができます。
  • 既存のすべてのブロック定義図・内部ブロック図に適用:既存の区画表示の設定をまとめて変更します。

2

その後、表示する区画について、表示しない区画のチェックを外して下さい。

3

OKボタンを押すと、「対象」で設定した対象について、処理を実行します。