円形・楕円 レイアウト

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 > ダイアグラム > 要素の自動レイアウト >

円形・楕円 レイアウト

円形 および 楕円レイアウトは選択した要素を円形あるいは楕円形に並べます。その際に、対象の要素の中で縦と横が最大の要素が、レイアウトの計算結果を決める基準になります。

 

 

手順:

#

操作方法

1

通常のダイアグラムのレイアウトの手順に従って操作を行い、手順の3のところで「円形」あるいは「楕円」を選択して下さい。

2

「ソート:」のドロップダウンリストで希望する順序を選択して下さい。選択可能な項目は次の通りです。

  • なし - 要素の順序は、現在のダイアグラム内の位置によって決まります。左から右・上から下の順序で並びます。
  • 領域 (昇順) - 要素の大きさの順に並びます。小さい要素から大きな要素の順です。
  • 領域 (降順) - 要素の大きさの順に並びます。大きい要素から小さな要素の順です。
  • 名前 (昇順) - 要素の名前の順序に並びます。
  • 名前 (降順) - 要素の名前の逆順に並びます。
  • 要素の種類 - 要素の種類ごとに分類され、並びます。

3

配置オプションでは、次のいずれかを選択できます。:

  • 上下(要素は円の周辺に沿って、 上下にジグザグに配置されます。ダイアグラムAがその配置例です。)
  • 円形(要素は円の周囲に沿って、時計回りに配置されます。ダイアグラムBがその配置例です。

4

「選択した要素を中心」の項目にチェックを入れると、白枠が表示されている選択されている要素が円や楕円の中心に配置されます。ダイアグラムCがその例です。

 

 

ダイアグラム A - 上下レイアウト

 

 

ダイアグラム B - 円形レイアウト

 

 

ダイアグラム C - 選択した要素を中心