Enterprise Architectの呼び出し

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  API・アドイン・スクリプト > API > APIを使う > サンプルとテクニック >

Enterprise Architectの呼び出し

Enterprise Architectでは外部のアプリケーションを登録して呼び出すことができます。このときに、現在表示しているダイアグラムなどの情報を渡すこともできます。

なお、ここで説明する方法よりも、「アドイン」として作成してアドインイベントを実装する方が、さまざまな機能拡張を容易に行うことができます。

 

ここで設定可能な内容は以下の通りです。

 

例えば、AutIntサンプルアプリケーションを実行するために必要なパラメータは次の通りです。

 

実際に指定するパラメータは次のとおりです: $f, $p

 

この設定が完了すれば、リボンから設定したアプリケーションを利用することができます。「プロジェクト」リボン内の「独自に追加したツール」パネル内に、独自に追加した項目が表示されます。

 

 

利用手順:

リボン

ホーム > 画面と設定 > オプション > カスタマイズ > ツール

 

 

外部アプリケーションに渡すことのできるパラメータは次の通りです。:

パラメータ

説明

補足

$d

ダイアグラムID

このダイアグラムをAPIで利用する際に使用するDiagramIDです。

$D

ダイアグラムのGUID

このダイアグラムをAPIで利用する際に使用するGUIDです。

$e

選択されている要素のID

このダイアグラムをAPIで利用する際に使用するElementIDです。複数選択されている場合には、カンマで複数の項目を区切ってあります。

$E

選択されている要素のGUID

この要素をAPIで利用する際に使用するGUIDです。複数選択されている場合には、カンマで複数の項目を区切ってあります。

$f

プロジェクトファイルの名前

例: C:\projects\EAexample.eap

$F

呼び出し元アプリケーション (Enterprise Architect)

'Enterprise Architect'

$p

現在のパッケージID

例: 144

$P

パッケージのGUID

このパッケージをAPIで利用する際に使用するGUID