セルに独自の文字を入力

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  モデル内の探索・検索・追跡 > 追跡(トレーサビリティ) > 要素の関係マトリックス > セルの表示形式変更 >

セルに独自の文字を入力

独自の定義を設定した後は、それぞれのセルに対して独自定義の内容を入力することができます。入力する前には、表現のドロップダウンリストから、作成済みの定義を選択しておく必要があります。

 

 

 

利用手順:

リボン

モデル > トレーサビリティ > 関係マトリックス : 対象のセルを右クリック

 

項目

説明

独自表現の適用

選択可能な値がタイトルバーに記載されたダイアログが表示されます。

  • それぞれのセルに1つの文字しか入力できない設定の場合には、複数の文字を入力すると入力できないことを示すメッセージが表示されます。OKボタンを押し、適切な値に修正してください。
  • 複数の文字が入力可能な設定の場合には、選択可能な値を1つでも複数でも入力可能です。

新規接続の作成(独自表現あり)

セルが空の場合に、接続を追加して同時に文字を指定することもできます。

この項目にはサブメニューが表示される場合があります。この場合には、接続したい種類の接続を選択してください。

その後、選択可能な文字を指定する画面が表示されますので、文字を選択してOKボタンを押して下さい。

その結果、接続が追加され、表示内容は指定した文字になります。

独自表現の編集

既に値が適用されているセルに対して、内容を編集できます。上記の独自表現の適用の場合と同じダイアログが表示されます。

独自表現の削除

定義済みの項目を削除します。

 

注意:

複数の定義が存在する場合に、異なる複数の定義を同時に表示することはできません。表現のドロップダウンリストで異なる項目を選択すると、それぞれのセルの内容は、変更した定義における表示内容に更新されます。また、未定義のセルについては、矢印での表現となります。

 

 

参照: