ダイアグラムのプロパティ - 接続グループ

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 > ダイアグラム > ダイアグラムのプロパティ >

ダイアグラムのプロパティ - 接続グループ

ダイアグラムのプロパティダイアログの接続グループでは、接続の表示内容を設定することができます。

 

 

利用手順:  

リボン

  • モデル > ダイアグラム > 操作 > プロパティ > 接続 グループ
  • ダイアグラム > ダイアグラム > 操作 > プロパティ > 接続 グループ

コンテキストメニュー

  • ダイアグラムの背景で右クリック | プロパティ | 接続 グループ
  • ダイアグラムの背景でダブルクリック | 接続 グループ

 

 

詳細:

項目

説明

接続を表示

対象のダイアグラムにある全ての接続を表示します。

他の図での接続の追加を反映しない

この設定を有効にすると、設定したダイアグラムでは他のダイアグラムでの接続の追加は表示上は反映されず、自動的に非表示の扱いとなります。
 

この設定を無効にしてから、ダイアグラムの表示内容を更新すると、表示されるようになります。

コミュニケーション図の番号を表示

コミュニケーション図でシーケンス番号(流れの順序を示す番号)を表示します。

(参照: メッセージ(コミュニケーション図メッセージの作成)

関連の遷移可能性を明示

関連の参照可能性(×印)を明示する場合に選択します。

接続のプロパティ文字列を表示

接続に関連する付属情報を表示します。

例: {ordered}

(参考:役割 (関連端)

接続のラベルを非表示

接続の全てのラベルを非表示にします。

ステレオタイプを表示

接続のステレオタイプの表示の有無を設定します。

接続の表現

ダイアグラムの接続の表現を切り替えることができます:

  • UML 2.1 - UML2.1以降の表現です。既定値です。
  • Information Engineering - Information Engineering(IE)の形式で表示します。
  • IDEF1X - IDEF1X(Integrated Definition Methods IDEFX1)形式で接続(の端)を表現します。

OK

このボタンを押すと、変更内容を保存しダイアログを閉じます。

キャンセル

このボタンを押すと、変更内容を破棄しダイアログを閉じます。

ヘルプ

ヘルプを表示します。

 

 

参照: