タグ付き値の追加方法

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 > 要素 > タグ付き値 >

タグ付き値の追加方法

タグ付き値を要素に簡単に追加するには、プロパティサブウィンドウを利用するか、ショートカットキーの利用が便利です。

 

タグ付き値を削除するには、要素を選択し、プロパティサブウィンドウのタグタブから対象の項目を削除します。現在は要素に定義されている複数のタグ付き値をまとめて削除する方法はありません。

 

タグ付き値にノートを追加したい場合には、対象のタグ付き値を選択した状態で、ツールバーの「ノートの編集」ボタンを押して下さい。タグ付き値のノートダイアログが表示されますので、内容を編集して下さい。
(メモ型のタグ付き値は、タグ付き値の値をノートの領域に保存しているため、ノートの編集はできません。)

 

入力したノートの内容は、該当のタグ付き値を選択すると、「タグ」タブの最下部の表示領域に表示されます。

 

 

利用手順:  

コンテキストメニュー

  • ダイアグラム内で要素を右クリック | プロパティ | タグ付き値
  • ダイアグラム内で複数の要素を選択し、そのうちの1つの要素を右クリック |  タグ付き値の追加

その他

Ctrl + Shift + T

 

 

手順:

#

操作方法

1

要素のコンテキストメニュー 「プロパティ | タグ付き値」 を選択します。プロパティサブウィンドウのタグタブが表示されますので、タグ付き値の追加ボタンを押します。

あるいは、Shift+Ctrl+T を押すと、タグ付き値の追加を実行できます。

タグの名前を入力することができます。

 

2

OKボタンを押すと現在の要素にタグが追加されます。

 

注意:

  • タグ付き値を削除するには、プロパティサブウィンドウを利用します。一覧から対象のタグ付き値を選択し、ツールバーのボタンで削除してください。
  • タグ付き値のノートを記述する場合には、プロパティサブウィンドウを利用します。一覧から対象のタグ付き値を選択し、ツールバーのボタン()でノートを編集してください。ただし、メモ型のタグ付き値のノートは編集できません。
  • タグ付き値のノートは、ユーザーオプションの「ウィンドウの動作」タブの「プロパティの詳細説明を非表示」チェックボックスが無効な場合には、プロパティサブウィンドウの下部にノートの表示欄が表示され、内容を確認できます。このオプションを変更した場合には、Enterprise Architectの再起動で反映されます。

 

 

参照: