ステレオタイプに列挙タグの追加

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの拡張(SDK) > MDGテクノロジーを独自に定義 > プロファイルの作成 > プロファイルの作成と編集 > ステレオタイプのタグ付き値の指定 >

ステレオタイプに列挙タグの追加

列挙の要素を利用すると、ステレオタイプのタグ付き値の値として、選択肢の値のみに制限することができます。

 

下の例は、列挙値'Color'が、要素 'myStereotype' のタグ付き値'myTag' の値として設定可能な値 ('Yellow', 'Red', 'Green') を持っています。

 

 

ステレオタイプ要素に列挙タグを追加するには、次の手順で行います。

#

操作方法

1

プロファイルのダイアグラムを開きます。

(参考:プロパファイルパッケージの作成

2

ツールボックスプロファイルグループを開きます。

3

列挙要素をツールボックスからダイアグラムに配置します。プロパティダイアログが表示されない場合には、作成された要素をダブルクリックして表示させます。

4

名前の欄に、この列挙要素の名前を入力します。

5

列挙要素を右クリックし、 属性・操作と付属要素 | 属性 を実行します。属性・操作と付属要素サブウィンドウが表示されます。

6

名前の欄に、列挙する項目を入力します。

7

必要に応じてさらに項目を追加します。

8

追加が完了したら属性・操作と付属要素サブウィンドウを閉じます。

9

列挙項目を利用するステレオタイプ要素を右クリックし、属性・操作と付属要素  | 属性 を選択してください。属性・操作と付属要素サブウィンドウが表示されます。

10

名前の欄にはタグ付き値となる項目の名前を入力します。

11

種類の欄に列挙要素を選択入力します。

12

初期値の欄には作成した列挙項目のうち、初期値として設定する値を指定します。

 

 

参照: