クイックリンクの定義をプロファイルに追加

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの拡張(SDK) > MDGテクノロジーを独自に定義 > プロファイルの作成 > プロファイルの作成と編集 > クイックリンクの定義 >

クイックリンクの定義をプロファイルに追加

CSVファイルとしてクイックリンクの定義を作成したら、その内容をプロファイルとして利用できるように追加します。追加するためには、CSVファイルの内容をコピーして、ドキュメント要素の中身に貼り付ける必要があります。このドキュメント要素は、ステレオタイプ要素と同じダイアグラム内に配置されていなければなりません。

 

 

定義をプロファイルに追加する

#

操作方法

1

プロファイルパッケージに含まれるダイアグラムを開きます。

2

ツールボックスの共通グループに含まれる「ドキュメント」要素をダイアグラム内に配置します。要素の名前はQuickLinkに変更します。

(この要素はダイアグラム内に1つのみ配置できます。)

3

要素をダブルクリックして付属ドキュメントのエディタを表示させます。テンプレートの選択ダイアログが表示されますので、キャンセルしてください。

4

CSVファイルとして定義した内容を、メモ帳などのテキストエディタで開きます。内容を全てコピーし、付属ドキュメントのエディタ内で貼り付けてください。

ドキュメントの内容を保存し、エディタを閉じます。

5

プロファイルの内容を定義します。定義が終わったら、UMLプロファイルとして出力します。

これにより、クイックリンクの定義もプロファイルに含まれる形になります。

もし、このプロファイルをMDGテクノロジーの一部として利用する場合には、MDGテクノロジーとしては複数のクイックリンクの定義を持つことになります。

 

 

参照: