パースペクティブの管理

Enterprise Architectの既定のパースペクティブに適切なものがない場合には、独自のパースペクティブを定義して利用することもできます。また、既定のパースペクティブのうち不要なものは非表示にすることもできます。

 

利用手順:

パースペクティブの管理ダイアログは、既定のパースペクティブを非表示にしたり、独自のパースペクティブを定義したりすることができます。

 

リボン

ホーム > 画面構成 > パースペクティブ > パースペクティブの管理

その他

(画面の右上) > > 管理 > カスタマイズ

 

独自のパースペクティブを定義する

パースペクティブの管理ダイアログで、「自分のパースペクティブ」タブを選択すると、独自のパースペクティブの管理ができます。

 

#

操作方法

1

新規ボタンを押してください。パースペクティブの定義ダイアログが表示されます。

2

名前欄に、追加するパースペクティブの名前を入力してください。その後、利用するMDGテクノロジーを一覧から探し、チェックボックスにチェックを入れてください。

全て」のボタンを押すと、全てのチェックボックスがチェックされます。「なし」のボタンを押すと全てのチェックボックスのチェックが解除されます。

「テクノロジーでグループ化」のチェックボックスは、将来の機能拡張のための項目で現在は利用できません。

3

設定が完了したらOKボタンを押してください。「定義済みのパースペクティブ」一覧に追加され、右側の一覧に利用可能なMDGテクノロジーが表示されます。

あわせて、画面右下の4つのボタンが操作可能になります。

4

必要に応じて、以下の操作が可能です。

  • 複数のパースペクティブが選択されている場合には、上下の矢印のボタンを押すことで順番を変更することができます。
  • 設定した内容からMDGテクノロジーを削除したい場合には、×ボタンを押すことで内容を編集することができます。パースペクティブの定義ダイアログが再度表示されますので、不要な項目のチェックを外して保存してください。
  • MDGテクノロジーを追加することもできます。+ボタンを押し、パースペクティブの定義ダイアログが再度表示されますので、追加する項目のチェックを入れて保存してください。

5

内容を変更したら保存ボタンを押してください。

 

 

パースペクティブの適用を解除する

設定したパースペクティブを解除したい場合には、「ホーム」リボン内の「画面構成」パネルにある「パースペクティブ」ボタンを押し、「パースペクティブの選択を解除」を実行してください。

確認メッセージが表示されますので、「はい」を選択して下さい。

 

 

参照: