ページ位置: モデル内の探索・検索・追跡  > 追跡(トレーサビリティ)

追跡(トレーサビリティ)

 

 

追跡(トレーサビリティ)とは、設計開発のプロセスに沿って進められているかどうかを確認するための手段であり、モデル内の関係を定義・確認するための手段です。

 

項目

参照

概要 - この設計プロセスとは、例えば「この要求やユースケースを実現するのはどの要素か?」という質問に回答できるようにするための内部的なモデル管理プロセスです。

あるいは、システムの処理がモデリングされる場合に、「どの要求・ユースケース・クラス・コンポーネント・テスト項目やその他の要素がこの処理の実装と配置に関係しているか?」という質問に回答する手段を提供します。

 

追跡は、そのモデルが対象としない処理の局面を明らかにするのに役立ちます。システムが提供する処理には通常多くのマニュアルや自動化された外部の処理が含まれます。

正しく構造化されたモデルでは、特定の機能の提供に当たり、どのような要求があるのかを示しています。また、要求されているすべての機能を満たしていることを確認することができます。


機能の概要 - Enterprise Architectにはこうした場合に利用できるさまざまな機能が提供されています。初期の要求から生成されたソースコードまでの一連の設計プロセスを定義と実装を追跡することができます。

もし、変換機能を利用してモデルを変換する場合には、Enterprise Architectは自動的に変換の依存の接続を追加し、追跡可能な状態にします。この接続はトレーサビリティサブウィンドウを利用することで簡単に確認できます。それぞれのPSM要素がどの要素から生成されたか,ということが確認できます。

それ以外の範囲についても、追跡のためのダイアグラムを作成し関係を定義することで、さまざまな要素間の関係を定義し、追跡可能にすることができます。

トレーサビリティサブウィンドウ

要素の関係マトリックス

ギャップ分析マトリックス

接続ブラウザサブウィンドウ

プロジェクトブラウザ

トレーサビリティダイアグラムの作成

トレーサビリティに関連する機能

追跡の管理 - 次のようなプロジェクトブラウザの階層は追跡を可能にする構造化されたモデルの例です。最初に要求モデル・ユースケースモデル・抽象実装モデルが構造化されて作成されます。それぞれのモデルには同じ機能名のパッケージがあります。

例えば、ユーザーの管理や在庫の管理などがあります。こうした構造にすることで、簡単に追跡モデルを作成し、設計と実装を追跡することができます。

MDAスタイルの変換

トレーサビリティサブウィンドウ

トレーサビリティダイアグラムの作成

 

 

このような追跡については以下のページもご覧下さい。: