画像の配置と活用



ダイアグラム内での画像を配置・活用する方法を紹介します。

ダイアグラム内では、UMLやSysMLなど、利用する記法に応じたさまざまな
要素を配置して設計内容を表現することができます。

しかし、場合によっては製品の写真など、画像を配置することで
内容の把握を容易にできる場合もあります。


画像を配置するにはいくつかの方法がありますが、以下のいずれかの方法が
お勧めです。
 ・対象の画像をクリップボードにコピーし、クリップボード経由で貼り付け
 ・画像のファイルをダイアグラム内にドラッグ&ドロップ

前者の場合には、ペイントなど他のツールで画像をクリップボードにコピーした後に
ダイアグラムの背景で右クリックし「貼り付け」→「クリップボードの画像」あるいは
「貼り付け」→「画像要素」を実行します。

後者の場合には、PNGやJPGなどのファイルをWindowsのエクスプローラなどから
ドラッグし、Enterprise Architectのダイアグラム内にドロップします。
メニューが表示されるので、「挿入」あるいは「画像要素」を選択します。


上記の説明では「画像要素」という選択肢がありますが、画像要素を選択しても
そうでない場合でも、どちらも結果は同じように見えます。
(ダイアグラム内で画像が表示されます。)


結果は同じですが、「画像要素」の場合には該当の画像の情報を要素内に保持し、
「クリップボードの画像」あるいは「挿入」の場合には、画像の情報を
プロジェクト内に保持します。

多くの場合にはこの違いはありませんが、例えばバージョン管理機能を利用している
場合など、結果に差が出る場合があります。バージョン管理機能では、プロジェクト自身は
管理対象外ですが、要素は管理対象です。つまり、「画像要素」の場合には
画像もバージョン管理の対象となります。


このように、細かい点で違いが発生します。プロジェクト内に保持する方法で
問題がある場合には、「画像要素」として配置し、利用してください。