ラベルの表示形式の指定



ラベルの表示形式の指定について紹介します。

関連や集約など、要素間につながれる関係をEnterprise Architect 日本語版では
「接続」と呼んでいます。この接続に名前を設定すると、その名前は
図内で自由に位置を変えることができます。このように、位置を変えることが
できるものを「ラベル」と呼んでいます。

このラベルは、上記の接続の他にも、アクティビティ図のデシジョンに
名前を設定した場合などにも利用されています。

このラベルの表示形式を変更する設定があります。この形式とは、
ラベルの背景を透過させるか、それとも単色で塗りつぶすか、という指定に
なります。

ラベルの背景を透過させることで全体的な見た目が良くなることが多いですが
一方で、ラベルの文字が見づらい場合もあります。状況に応じて最適な形式を
選択してください。

設定方法は、「ホーム」リボン内の「オプション」パネルにある「ユーザー」
ボタンを押してユーザーのオプション画面を表示し、「ダイアグラム」グループを
開いてください。

「ダイアグラムのラベルの不透明表示」の枠内には3つのチェックボックスがあります。
それぞれの状況において、ラベルを透過させるかどうかを指定できます。
(チェックを入れると不透明、つまり透過しません)

白黒で印刷する場合には、「印刷」にはチェックを入れておくと印刷物の文字を
読みやすくなります。


ぜひ最適な設定でご利用ください!