接続の初期作成位置の変更



接続の初期作成位置の変更オプションの紹介です。

今回のテクニックの内容を直感的に理解していただくために、クラス図を作成し、
クラス要素を横に2つ、少し間隔を開けて配置してください。
そして、いずれか片方のクラスの高さを伸ばし、縦長にしてください。

この状態で、ツールボックスやクイックリンクでクラス要素間に関連を作成して
ください。作成する関連は、それぞれの要素の中心間を結ぶ位置に配置されるはずです。
これが、既定の動作です。

ここで、「ホーム」リボン内の「オプション」パネルにある「ユーザー」ボタンを
押してユーザーオプション画面を開いてください。「接続」グループの下の方にある
「新規接続の端のスタイル」の枠内にある「自由な位置指定」および「できる限り
接続を直線にする」を選択してください。

この設定で再度関連を作る操作をすれば、それぞれの要素の中心間を結ぶ位置ではなく
自分がドラッグで指定した位置に接続が作成できることがわかるかと思います。

もし、この後者の初期作成位置のほうがよければ、ぜひこの設定をご利用ください!