第25回 ソフトウェア開発環境展(SODEC) 出展のご案内

スパークスシステムズジャパンは2016年5月11日[水]から5月13日[金]まで開催される「第25回 ソフトウェア開発環境展(SODEC)」に出展いたしました。

位置

東展示棟 小間番号は「東46-36」です。

展示内容

Enterprise Architect バージョン12.1の紹介

2015年12月にリリースされました、モデリングツールEnterprise Architectの最新バージョン「12.1」で強化した内容のいくつかを紹介します。UMLでのモデリングの他、SysML1.4でのモデリングについても強化しました。

スパークスシステムズ ジャパンのツール紹介

スパークスシステムズ ジャパンでは、「Enterprise Architect」の他に、要求管理ツール「RaQuest」・データベース設計支援ツール「DBMode」など、設計開発を支援するツールを提供しています。これらのツールが提供する機能を組み合わせて活用することで、設計開発のさまざまな場面で効果を発揮します。ブースでは、以下の内容についてのデモを行います。

  • 効率的で確実な要求管理
    • 要求管理ツールの利用で要求管理を効率化
    • 要求と設計の連携(トレーサビリティ)

  • データベース設計
    • Enterprise Architect+DBModeの強力なタッグでデータベース設計を効率化
    • 設計した内容から、データベース定義書(Excel)の自動生成

  • 状態遷移設計の効率化と品質確保
    • 状態遷移表とステートマシン図の組み合わせで効率化・品質確保
    • 設計内容からソースコードを自動生成

展示製品

UML・BPMN・SysMLなどさまざまな記法に対応するモデリングツール「Enterprise Architect 12.1」


(→Enterprise Architectについての詳細はこちらをご覧ください)

要求管理ツール「RaQuest 4.3」


(→RaQuestについての詳細はこちらをご覧ください)

データベース設計支援ツール「DBMode 3.5」


(→
DBModeについての詳細はこちらをご覧ください)

第25回 ソフトウェア開発環境展(SODEC) 概要