Enterprise Architect MDGテクノロジーセミナー

Enterprise Architectで独自のモデル(DSL)を定義・利用する方法を紹介する「Enterprise Architect MDGテクノロジーセミナー」に関するページです。セミナーについて、何かご不明点などありましたら、こちらをご覧下さい。

Enterprise Architect MDGテクノロジーセミナー
対象Enterprise Architectで独自のモデル(DSL)を定義・利用したい方
聴講 こちらのリンクをクリックして、聴講できます
(Enterprise Architectの有効なサポートIDが必要です。)

セミナー内容

Enterprise Architectではさまざまなカスタマイズができますが、記述する要素の形を定義したり、定義した要素をツールボックスに表示したりなど、自分で定義したモデルを部品として定義・利用することもできます。このような独自のモデル(DSL・Domain Specific Language)の定義方法・配布方法などを紹介し、実践します。

このことにより、以下のようなメリットが期待できます。

  • より設計開発に沿ったモデルが書けるようになる
  • 部品を必要最低限に絞ることにより、書いたモデルが各自バラバラになってしまうことを防げる

また、MDGテクノロジーを利用すると、DSLのほか、ソースコード生成ルール・ドキュメント生成ルールなどカスタマイズ情報も一緒に配布できるようになります。

セミナーでは以下の順序で説明します。

  • MDGテクノロジーとは?
  • MDGテクノロジーの内容
  • 個別の内容
    • UMLに関連する設定
    • 独自のモデル定義に関連する設定
      • UMLプロファイル(モデルの定義)
      • タグ付き値の型
      • ダイアグラムの種類
      • ツールボックス
      • クイックヘルプ
  • 演習
  • UMLのその先へ(DSL)

セミナーQ&A

Q:このセミナーには、EAのアドイン製品であるMDGシリーズの使い方も含まれますか?
A:本セミナーにはアドイン製品の使い方は含まれません。EAをカスタマイズする仕組みである「MDGテクノロジー機能」を利用して、独自のモデルの定義方法などを紹介し、実際にEAをカスタマイズするセミナーになります。