ステートマシン図からのコード生成

Enterprise Architect Suiteの各エディションでは、振る舞い図(ステートマシン図・アクティビティ図・シーケンス図)からのソースコード生成が可能です。このページでは、この3つの図の中でもっとも利用されているステートマシン図からのソースコード生成について、概要を説明します。

C・C++・Java・C#・VB.NETについては、Enterprise Architect Suiteの各エディションでアクティビティ図およびシーケンス図からのコード生成も可能です。この内容についてはこちらのドキュメントをご覧下さい(PDF)。

ステートマシン図(状態遷移表)からのコード生成

既存のステートマシン図(Enterprise Architectでは状態遷移表と相互変換可能)から、実行可能なソースコードを自動生成します。対応する言語は以下の通りです。

  • Enterprise Architect Suiteビジネスモデリング版
    →C・C++・Java・C#・VB.NET

  • Enterprise Architect Suite システムエンジニアリング版・アルティメット版
    →C・C++・Java・C#・VB.NET および SystemC・VHDL・Verilog

(ご注意: SystemC・VHDL・Verilogでは、外部のイベント(reset,clock等)に応じて処理するソースコードが生成されます。それ以外の言語では、イベントの発生源については自動生成されませんので、別途プログラムを作成し、自動生成されるソースコードに対してイベントを発行する必要があります。)

ステートマシン図からソースコードを生成する際の出力ルールは、Enterprise Architect標準の「コード生成テンプレート」の形式になっています。内容をカスタマイズすることで、出力結果を変えることができます。

サンプル

ソースコードの生成手順の概要は、ステートマシン図からのソースコード生成のページをご覧ください。ステートマシン図からソースコード生成(SystemC)を実行した結果(実際に生成したソースコードの内容)はこちらをご覧ください

C言語およびC++言語の場合で、既定の結果とは異なる出力結果になるようにカスタマイズした例をこちらで公開しています。

利用環境

このページで説明している内容を利用するために必要な環境は以下の通りです。

ドキュメント

ステートマシン図からのソースコード生成の概要と、モデルとソースコードの対応を説明したドキュメント「ステートマシン図からのコード生成 機能ガイド」をご覧ください。