Enterprise Architect 12.1の新機能のご紹介

ここでは、Enterprise Architectの最新版であるバージョン12.1の情報をお知らせします。

主な強化ポイント

バージョン 12.1での主な強化ポイントを2つご紹介します。それ以外の強化ポイントの概要につきましては、以下のPDFドキュメントをご覧ください。

Enterprise Architect12.1機能ガイド (2015/10/29最終更新)

そのほかにも、200項目以上の機能強化・バグ修正が含まれます。

ダイアグラム内の表現力の強化

ダイアグラム内での表現について、さまざまな強化を行いました。ここでは、そのうちの2点を紹介します。

要素間の接続が複雑な場合に見やすくするために、1つの要素を複数配置する機能を追加しました。以下の例のように、同じ要素を複数配置することで、接続の線の取り回しが不要になり、要素間の関係をわかりやすく把握できるようになります。

なお、この機能は1つの要素を無条件に図に配置できる機能ではありませんのでご注意下さい。要素間にスタイルが「カスタム」の接続がある場合のみ実行できます。

また、「ロードマップ」機能を追加しました。この機能を利用すると、ダイアグラムの上や下に目盛り(時間軸)を表示し、その目盛りに合わせて要素を配置することができます。他の図で利用されている要素について、時間軸という観点で表現したい場合に便利です。下の図のように、要素内に複数の区画を色分けして表示することもできます。

既存の記法・標準への対応

以下の記法・標準に対応しました。

  • SysML 1.4
  • BPSim 1.0
    (BPMN2.0モデルに対して、実施時間や費用などさまざまな情報を設定し、シミュレーションを実施できます。)
  • NIEM(National Information Exchange Model) 3

機能ガイド

Enterprise Architect12.1機能ガイド

以前のバージョンの強化ポイント

Enterprise Architectバージョン12.0での強化ポイントについては、こちらのページをご覧ください