Enterprise Architect 12.0の新機能のご紹介

ここでは、Enterprise Architectの最新版であるバージョン12.0の情報をお知らせします。

主な強化ポイント

バージョン 12.0での主な強化ポイントを2つご紹介します。それ以外の強化ポイントの概要につきましては、以下のPDFドキュメントをご覧ください。

Enterprise Architect12.0機能ガイド (2015/2/18最終更新)

そのほかにも、300項目以上の機能強化・バグ修正が含まれます。

バージョン12.0に含まれるデータベース設計に関する機能の強化により、DBModeとの組み合わせでさらにデータベース設計を効率化できるようになりました。こちらのページの説明もご覧下さい。

プロパティ画面の改善・強化

Enterprise Architectの画面に関して、さまざまな点で改善しました。

まず、要素のプロパティ画面の構成を見直しました。以下のように、名前とノート欄を中心にした構成になりました。右側に表示される標準的なプロパティ項目は、一覧形式でも表示することができます。また、従来のようなツリー形式とタブ形式を切り替えることができます。

属性や操作についてもプロパティ画面を見直し、一覧形式で表示・編集可能になりました。

また、プロジェクトブラウザ内で選択されている要素やダイアグラムの位置を示すナビゲーションバーを追加しました。

ワイヤーフレーム形式のモデリング

iOSやAndroid・Webブラウザの画面をモデリングするために便利なワイヤーフレームのモデリングを追加しました。ツールボックスにはAndroidやAppleのiPhoneなどの「枠」も用意され、スマートフォンやタブレットの画面の定義を効率よく行うことができます。

表示内容については柔軟にカスタマイズすることが可能ですので、下の画像のように、一覧に独自の項目を追加することもできます。

機能ガイド

Enterprise Architect12.0機能ガイド (2015/2/18最終更新)

以前のバージョンの強化ポイント

Enterprise Architectバージョン11.0/11.1での強化ポイントについては、こちらのページをご覧ください