追加データ・拡張データのダウンロード

Enterprise Architect追加データ・拡張データについて

このページでは、Enterprise Architectとあわせて利用できるさまざまな追加データや拡張データを公開しています。マークがついているものは、サポートユーザー限定のデータになります。

Enterprise Architectアドイン

Enterprise Architectとあわせて利用できる追加のアドインについては、こちらのページにて一覧形式でご紹介しています

Enterprise Architect用 追加モデルテンプレート

Java・.NET・MFCなどで定義されているクラスをEnterprise Architect内で利用するための追加データです。このデータの詳細はこちらをご覧ください

Enterprise Architect Viewer(読み込み専用版)

Viewer(読み込み専用版)は、Enterprise Architectで作成したUMLモデルを、Enterprise Architectを持っていない方が参照するために利用することができます。英語版でも日本語のUMLモデルを参照することは可能です。

内容更新日-
Enterprise Architect Viewer(読み込み専用版) 日本語版
Viewer(読み込み専用版・Lite版)は、Enterprise Architectで作成したUMLのモデルを顧客やスタッフと共有するためのパッケージです。Viewer(読み込み専用版)は、ドキュメントの生成や更新機能が全て無効になっています。サポートユーザーの方は、このViewerを顧客やスタッフなどの関係者に配布することができます(不特定多数の人への配布は禁止いたします)。
ダウンロード
Enterprise Architect Viewer(読み込み専用版) 英語版
Viewerの英語版はサポートユーザーでなくてもご利用可能です。
ダウンロード

※ご注意: Enterprise Architect製品版とViewer(読み込み専用版)を同じマシンにインストールし共存させることはできません。

DBMSリポジトリ用スクリプト

Enterprise Architectのコーポレート版で、データベース上にリポジトリ(プロジェクト)を作成するためにはSQLスクリプトを実行する必要があります。このスクリプトはこちらからダウンロードしてください

関連ツール

Enterprise Architectとあわせて利用することのできるツール(.exe)です。

内容 
Enterprise Architectレジストリ削除・設定情報初期化ツール
Enterprise Architectがレジストリ上に作成する設定情報を削除するためのツールです。Enterprise Architectが起動していない状態で実行してください。このツールを実行後に再度Enterprise Architectを起動しますと、すべての設定情報を初期値として再設定します。評価版をご利用後に製品版をインストールする場合は、評価版のアンインストール後に実行しておくとよいでしょう。
ダウンロード
astah*(JUDE)からモデル情報を移行するためのツール
astah*(JUDE)で作成したモデル情報をEnterprise Architectに移行するためのツールです。移行についての詳細については他のUMLツールからEnterprise Architectへのデータの移行をご覧ください。
ダウンロード
Rational Roseからモデル情報を移行するためのツール
Rational Roseで作成したモデル情報をEnterprise Architectに移行するための補助ツールです。なお、mdlファイルを直接読み込んだり、Enterprise Architectで利用しているEAPファイルに変換することはできません。移行するためにはRational Roseが必要となります。移行についての詳細については移行ガイドをご覧ください。
ダウンロード

その他のデータ

上記の分類に含まれない、その他のデータです。

内容-
Enterprise Architect サンプルプロジェクトファイル
Enterprise Architect 日本語版に付属するサンプルファイル(EAExample.eap)です。
ダウンロード
アクセス権機能 サンプルプロジェクトファイル
アクセス権機能をよりわかりやすく理解するためのサンプルプロジェクトです。既に、4人のユーザーが設定されています。詳細は、ドキュメント「アクセス権 機能ガイド」をご覧ください。
ダウンロード
画像ライブラリ
画像ライブラリとは、Enterprise Architectで利用できるメタファイルのライブラリです。ネットワーク構成図など、UMLに限らない内容を記述したい場合など、さまざまな利用方法があるかと思います。Enterprise ArchitectのサポートユーザーがEnterprise Architectで利用する場合に限り、自由に利用することができます。
ダウンロードページへ