第21回 SODEC出展のご案内

スパークスシステムズジャパンは2012年5月9日[水]から5月11日[金]まで開催された「第21回ソフトウェア開発環境展(SODEC)」に出展いたしました。

最終更新日:2012/05/18



ブースイメージ

位置

東展示棟 小間番号は「東17-9」です。


会場全体図(PDF)はこちらです。

見どころ

5つの活用術のご紹介

スパークスシステムズ ジャパンでは、UMLモデリングツール「Enterprise Architect」・データベース設計支援ツール「DBMode」・要求管理ツール「RaQuest」・情報リサイクルツール「ARCSeeker」など、設計開発に役立つさまざまなツールを提供しています。
これらのツールが提供する機能を組み合わせて活用することで、設計開発のさまざまな場面で効果を発揮します。スパークスシステムズ ジャパンのブースでは、 その中からよく利用される5つの場面での「活用術」をご紹介しました。

  • リファクタリングや派生開発で役立つソースコード解析
    • ドキュメントが無いソースコードの解析
    • ソースコードの「見える化」で解析作業を効率化

  • ソースコードやドキュメントの自動生成で効率化
    • 工数のかかるソースコードやドキュメントの作成
    • 設計情報からの自動生成で効率化

  • 効率的で確実な要求管理
    • 要求管理のポイントと問題点
    • 要求管理ツールの利用で要求管理を効率化

  • UMLでデータベース設計
    • UMLでデータベース設計するメリット
    • Enterprise Architect+DBModeの強力なタッグで効率化

  • 状態遷移設計の効率化と品質確保
    • 状態遷移設計の複雑化
    • 状態遷移表とステートマシン図の組み合わせで効率化・品質確保

製品新バージョンのご紹介

最近リリースいたしました、Enterprise Architect 9.3・DBMode 2.1および、4/16にリリースいたしましたRaQuest 4.0を展示いたしました。

展示製品

広範囲をサポートする実用的UMLツール「Enterprise Architect 9.3」

(→Enterprise Architectについての詳細はこちらをご覧ください)


要求管理ツール「RaQuest 4.0」

(→RaQuestについての詳細はこちらをご覧ください)


情報リサイクルツール「ARCSeeker 3.1」

(→ARCSeekerについての詳細はこちらをご覧ください)


データベース設計支援ツール「DBMode 2.1」

(→DBModeについての詳細はこちらをご覧ください)

配布物

  • 30日間利用できる「評価版」(お名刺と交換)
  • 製品パンフレット(今回のSODECにあわせて、一部の内容を更新しました。)
  • 小冊子
    • 知っていますか?要求管理を確実に行うための7つの「実践ポイント」
    • 情報リサイクルの概要と実践

第21回 SODEC 概要

  • 日付:2012年5月9日[水]〜11日[金]
  • 展示時間:10時00分〜18時00分(11日[金]のみ17:00終了)
  • 会場: 東京ビッグサイト
  • 主催: リード エグジビション ジャパン株式会社
  • 弊社ブースNo:東ホール17-9

関連情報へのリンク: